Wild Lodge

自然を愉しむ、大人たちの外遊び。
MENU

薪作りはたのしい♪

5   0

P4142714.jpg

先日神町で果樹園を営む友人Sと、河北町にて同じく果樹園を営むJUNさんから
薪を頂いて来ました。

私の車には積める量ではないようなので、父のトラックを拝借しましたww

P4142650.jpgP4142662.jpg

KazuとSomaは、始めてのトラックの運転席に大興奮♪
子供達にとってはトラックはかっこいい車のようです(笑

P4142655.jpg

JUNさんが迎えに来てくれたので後をついて果樹園を回ります。
さすが本職!運転する姿も様になってました。
ちなみに彼はかなりのDIY派。DIYの精神は彼に学んだ気がします(^^
私は最近は車いじりをしなくなりましたが、私の師匠ですww

この後数ヶ所の果樹園をめぐりましたが、薪集めに夢中で写真一切とってません(笑

20120414_003.jpg
JUNさん、写真お借りしましたm(_ _)m

20120414_001.jpg
JUNさん、写真お借りしましたm(_ _)m


P4142714.jpg

ほんとはもっと頂きたかったのですが、保管場所のこともあるし
Harukaに怒られそうだったのでこの辺にしときましたww

まあ、これだけあれば、燃やしまくっても余裕で1シーズンは持ちそうなので充分です。

P4142715.jpg

KazuとSomaも薪運びのお手伝いw

とりあえず駐車場に並べて置く事にしましたが、そろそろ本気で薪棚を作らないと…(^^





 にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリックしていただけると励みになります!
関連記事
スポンサーサイト

SHARE

5 Comments

じじ1202 says...""
★Saitaさん
こんにちは

すごい量ですね
我が家ももうすぐ薪もらえることになったのですが
これって1年くらい乾燥させるんですかね?
棚できたらUPおねがいしま~す

我が家も作ろうかな(笑)
2012.05.04 10:52 | URL | #- [edit]
はっぴー says...""
こんばんは。沢山貰えましたね。
薪たなを作って2年程はよく乾燥ですかね?

ナタで薪割りはしていますが斧で割ってみたいデス。
これだけ大量だと体が心配です。
腰を痛めなように。
2012.05.04 22:22 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
じじさん♪

果樹園にはもらった量の10倍くらいの薪が積んであってもらいきれませんでした(^^;
ほんとは持ち帰りたかったのですが…

薪棚は実はもう作っちゃいました(笑
何かとばたばたしててUPしてませんでした。
かなりたいしたことないできばえですが早速アップしますね!

じじさんもぜひ作ってみてください(^^
私はビス打ちしてしまいましたが、強度出すならボルト使ったほうがよさそうでした。
ビス打ちでも本数増やせば大丈夫っぽいです。
薪棚あると、それだけでなんとなく気分上々ですよ♪
2012.05.04 22:35 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
はっぴーさん♪

若干もらいすぎた感ありますが、緊急時に燃料がないのは結構堪えるって事を去年味わったので
タダだしがんばってもらってきました(笑

桃をはじめ硬い樹種が多いので、乾燥する前に割らないと大変なことになりそうですww
私も斧でぱかーんと割ってみたいです!ナタでは歯が立ちませんでした...
節が多いものが多いので、斧未経験の私にうまく出来るかどうか心配なので
足踏み式の薪割り機にしようか迷ってます。
両方買って、買ってから悩もうかな(笑

薪棚作ったついでに少し割ってみたら、かなり水分含んでるので
おっしゃるとおり結構乾燥気悪寒が必要そうです(^^;
2012.05.04 22:51 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
じじさん♪ 追記です!

樹種によって違うかもしれませんが、やはり最低1年は乾燥させるみたいです。
ただ、高性能な薪ストーブで使用の場合のようなので、
キャンプ用の薪ならそこまでしなくても大丈夫かもしれません。

実際、果樹園の方も伐採直後の高水分の木を燃やして処理していたので(^^
着火は難しそうですが、出来上がった焚き火に投入すれば乾燥しきってなくても
燃えるんじゃないかと思ってます。

手元に伐採から半年の薪があるので、よく燃えるかどうか試して見ますね♪
2012.05.04 23:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wildlodge.blog.fc2.com/tb.php/127-a54e69f4
該当の記事は見つかりませんでした。