Wild Lodge

自然を愉しむ、大人たちの外遊び。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

設計図の入手

0   1

カヌー製作 ~設計図の入手~

P6083442.jpg

カヌー製作にあたって、なんといっても最初に必要なのが設計図。
これがなくっちゃ始まらない!
それにネットからの情報だけでは、どうしてもわからない事が多々あるんです(^^;

とうとう手を出してしまいました。もう後には引けません(笑

手にいれる方法は大きく分けてこの3つでしょうか。

【カヌー工房から購入】
 10,000~20,000円位で購入でる工房もあるようです。
 あわせて日本語の詳細なマニュアルも手に入れることも出来る工房もあります。


【書籍を購入】
 主に洋書になるかと思いますが、設計図はもちろん、制作方法や細かいノウハウなども同時に知ることができます。 値段も数千円位ですが、設計図は何種類か載っている場合もあり、非常にお得です。アマゾンなどで探してみましょう。

【ネットからの入手】
 国内サイトにはあまり見かけませんが、「CANOE PLAN FREE」等で検索するといくつか見つけることが出来ました。9割9部海外サイトです。私は英語が苦手なのでパス…


だれかにもらうという奥の手もありますが、残念ながらいないので
私は書籍「CANOE CRAFT」を購入しました。
入手が難しいとのウワサがあったもののアマゾンであっさりGET。

P6083440.jpgP6083443.jpg


写真やイラストで詳しく解説されていることはもちろん、設計図も掲載されているので、
カヌー製作未経験の私にとってすごく良本でした。
私は英語が苦手なので何を言ってるのか7割位は分かりません(笑
単語からなんとなく推測してます。

この本を購入する前段階で、ストリッププランキング工法について
かなりしつこくネットで勉強していたせいもあり、丁寧なイラストや写真をみれば大体分かります。

設計図は全部で8種類掲載されています。
本の購入者はこの設計図を自由に使って良いということのようです。

肝心の設計図は、縮尺で製図されているものに寸法が記載されたものを想像しましたが、
実際は「オフセット表」と呼ばれるカヌーの船体の断面図を作図するための座標値の一覧が載っています。

P6083441.jpg
Photo:オフセット表

このオフセット表を元に船体のラインを割り出します。

「割り出します。」とか知った風に言ってみたものの、正直な感想は「なんじゃこりゃ?」です(^^;
何の数値なのかもわかりません。読み方もわかりません(笑


とりあえず、根気良く調べて無事解読に成功しました。


※ちなみにカヤックであれば、フリーの設計ソフトを見つけました。これは驚くほど優秀です。船体の形状を自由にカスタマイズできる上に、理論上の性能も数値・グラフで確認できます。しかも、自分で設計した船体のモールドを書き出してくれます。カナディアンカヌー用もあればいいのに…。



追記

記事の順番が、実際の工程や製作と合致していないうえ、まだ足りない記事が結構ありますが、順次UPできるようがんばります。
私の備忘録としても活用したいので、必要に応じて記事の修正・加筆を随時行っていきます。尚、素人の初心者が作っていますので、もしも記事中の技術的な間違いや問題点などを見つけられたベテランビルダー様がいらっしゃいましたら、いろいろアドバイス等いただけれるととても嬉しいです。






 にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリックしていただけると励みになります!
関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wildlodge.blog.fc2.com/tb.php/140-b367766f
まとめtyaiました【設計図の入手】
カヌー製作 ~設計図の入手~カヌー製作にあたって、なんといっても最初に必要なのが設計図。これがなくっちゃ始まらない!それにネットからの情報だけでは、どうしてもわからない...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。