Wild Lodge

自然を愉しむ、大人たちの外遊び。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

カヌー製作 ~モールド取り付け~

0   0

カヌー製作 ~モールド取り付け~

P7084130.jpg

ようやくここまできました♪

中々更新できてませんが、地味~にこつこつと作ってますよ~(^^v

モールドの取り付け自体は超簡単な作業ですですが、ここでのゆがみは直接カヌーの歪みにつながるので、とにかく妥協のないように調整しておくことが重要です。

モールドの配置はこのようになります↓
torituke01.jpg

0番のセンターモールドを中心に、1~7番、そしてステムモールド(両端のモールド)を
ステーションブロックというパーツ、言ってしまえば単なる角材ww で、このように取り付けます。

torituke02.jpg

注意が必要なのが、取り付ける際にモールドの表裏どちらの面を基準にするかです。
センターモールドのみモールド中心が基準で、他は図のようになります。
センターから左はモールドの左の面、逆にセンターから右はモールドの右側を
ストロングバックの線に合わせます。

P6143470.jpg

一番最初に6番のモールドを取り付けます。ストロングバックと同じ幅の角材を使って固定します。
ストロングバックのセンター(赤線)と、モールドのセンター(黒線)をあわせて、クランプで固定してビスを打つだけ。

P6143471.jpg

1枚目は要領が悪くて、中々大変でした。取り付けてレベル取るとずれている・・・
原因は角材の直角精度の悪さでした… 部材は安さだけで決めちゃいけませんね(^^;
もちろん、合板自体に曲がりがあったのでそれも原因ではあるのですが…。

クランプが緩かったりビスが斜めに入ると、最後にずれやすくなるようでした。

ちなみにモールドを固定する角材にビスを打つ際は、ストロングバックの裏側からしたほうが後で楽です。
後で取り外す際に電動ドライバが入らないような箇所でビス打ちすると大変な思いをすることになります(笑

P6143472.jpgP6143473.jpg
固定した6番モールドにステムモールドを水平垂直に仮固定します。
ステムモールドは、モールドの曲げ加工の際に取り外すので、この段階ではまだ強固に固定しません。
※既にモールドの曲げ加工が完了しているのであれば完全に取り付けてかまいません。

ここで、問題発生!

P7084131.jpg

ストロングバック先端がモールドの重みで垂れ下がって垂直にならなくなったので、
ゆがまないように下部に当て木をつけました。

P6143476.jpg

残りのモールドを正確に取りつける為に、糸を張ります。
ステムモールドの中心&6番モールドのセンターラインを通るように糸を張り、
その糸に合わせて各モールドを取り付けます。

センターモールド(0番モールド)に近くなればなるほど背が高くなるので、
いちいち張りなおさなくてもいいように、簡単に糸の高さを変えられるようなジグを使いました。

P6143478.jpgP6143479.jpg

こうすると、高さ調節が簡単

P6143475.jpg
結構簡単に張り糸がずれるのでカッターで溝を作っておくと作業が滞りません。


P6163531.jpgP6163528.jpg
後は、ストロングバックとモールドのセンターライン、張り糸の位置が
ぴったり合うように調整しながらビスで固定していきます。

P6163529.jpg

順次モールドを取りつけていくと、カヌーの船体のラインが徐々に明らかになってきます(^^
一枚張るごとに、ワクワク度がUPして途中でやめられなくなります(笑

P7084124.jpg

ここまで来ると、見た目が明らかにカヌーの形になってくるので相当テンション上がりますね!
何度も遠くから全体の形状を眺めては、意味なく頷いたりしてました(笑

ようやく取り付け完了!!

と言いたいところですが、7番モールド(ステムモールドに付く小さいの)を
取り付けていないことに写真みて気づきました…(ーー;
それと同時に、ステムモールドの喫水線を引き間違えていることにも気づいてしまった…
なんか疲れたので、後日取り付けますw

いままで、何を作ってるのか聞かれて「カヌー作ってます」と答えても、
明らかに「え、これが?」という反応でした(笑
ようやく「船を造ってる」って言っても信じてもらえる形になってきましたね。

かなりの情熱を注ぎ込みましたが、完成後は不要になるってのが悲しいところです(笑


ちなみに私のカヌー製作の工程はこんな感じです。

・モールドの作図&各種設計

・ストロングバックの製作

・モールドの製作&取り付け ←今ここです

・ステムの製作&取付け

・ストリップ材の製作
 挽き割り、ビード&コーブ加工

・プランキング(船体を張る作業)

・船体外側パテ埋め&サンディング

・船体外側グラッシング(FRP加工)

・船体内側パテ埋め&サンディング

・船体内側グラッシング(FRP加工)

・艤装品の製作・取り付け
 ガンネル、デッキ、スウォート、シート等

・UVカットの塗装

・パドルの製作
関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wildlodge.blog.fc2.com/tb.php/152-27e67bb5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。