Wild Lodge

自然を愉しむ、大人たちの外遊び。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

雨水利用プロジェクト#04

0   0

さて、今日から本格的に雨水タンクの制作に突入だ!!

手始めにこいつを覆うキャビネットの製作から始めよう。
ちなみに同型の物を購入するなら、キャビネットがなくても遮光できるので「黒」がおすすめ。
購入するときに、カラーバリエーションがあるなんで知らなかったよ…(涙

DSC_0732.jpg
Photo:300Lのローリータンク2個。結構大きい。

まずはキャビネット用の木材と、配管部品の買出し。

必要な材料の寸法と数量は計算済み↓

zairyou.jpg


1タンク当たり89×38×1820のSPF材が8本。
タンクは2個あるので×2必要。それを無駄の少ないようにカット。

近所のホームセンターはセルフカット料が無料。コレは素晴らしいサービスです。
素人がのこぎりでこんだけの量を正確な寸法で、かつ直角に加工するのは無理(汗
            ↓
DSC_0730.jpg
Photo:切った時点でどこに使うものであるかを材料自体に書いておくと、あとで楽ちん。

設置場所の準備もOK!事前に土を掘り砂利を入れて地盤を固めておきました。
ブロック8個って事は1箇所当たりの加重は最大75kg+α程度なので大げさな気もしますが…

DSC_0731.jpg
Photo:ブロックのおき方違ってます…

後は自分で作った組立図通りに組んでくだけ。75mmのコーススレッドをガンガン打ち込むぞ!
我が家の安物の電動ドライバではパワー不足… 
下穴空けないとコーススレッドが入らない場合があるwww
インパクトレンチが欲しい…


よし、だんだん形になってきた。イメージ通り!

DSC_0735.jpg
Photo:タンクの底がフラットではないので接地面にあわせ、ひっくり返して原寸合わせで取り付け

はい、1個完成!
最終的にはコレに板を貼って日光を遮ります。日光当たると藻が発生しちゃうからね。
       ↓
DSC_0736.jpg

試しに置いて見た。
まだブロックの水平をとっていないから、やや前のめり(笑

あれ?上部の隙間が予想以上に少ない… 
まあ、いいか。何とかしよう。

薄暗くなってきたので、今日はここまで。
次回はもうひとつ同じ物の作って並べたうえで、キャビネットのゆがみを修正します。




 ←クリックしていただけると励みになります!


関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wildlodge.blog.fc2.com/tb.php/26-e7ac3179
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。