Wild Lodge

自然を愉しむ、大人たちの外遊び。
MENU

DIY フォールディング囲炉裏テーブル

15   0

仙台のWILD-1で見かけた囲炉裏テーブル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリルIRORI
ユニフレーム(UNIFLAME)
ファイアグリルIRORI





そうそう、こんな感じのがほしいんです。
すごく欲しかったのですが
金属製のものは、お高いのであきらめてました(涙


しかし!じじさんのブログで、拝見した自作囲炉裏テーブル
「あ、これって作れるんだ!?」と目からウロコ。
見た目もかっこいいし、材料代も◎!木製は子供もやけどしないしすごくいい!

※ちなみにじじさんとは、私のお気に入りに入れさせていただいているかなりの自作派なすごいキャンパーです。
じじさんのブログには作りたくなるスーパーアイテムが満載です(^^


天板の組み方の模様がかっこよくてお気に入りだったので、
そのままそっくりまねしようと思っていたのですが

材料選び中に気づきました… あれ車に積めなくなるかも?

今はまだ積めますが来シーズンは、3人目のチビちゃんが誕生しているので
車のシートは…

【大人2人】+【ジュニアシート】+【チャイルドシート×2台】

と、今後2年くらいは3列目のシートまで人が乗ることになるので
車載量が大幅ダウンです(涙 しかも1歳未満は荷物が多いこと多いこと
買う前に気づいてよかった~!

で、あの見た目のままコンパクトに畳む構造を必至こいて考えましたが…



残 念 な が ら 私 の 脳 で は 無 理 で し た (涙



それからしばらく考えて、構造がまとまってきたところで
製作決行!!

さて、前置き長くなりましたが、いっちょ作りましょか!!

なんか設計の段階でかなりの時間使ってしまいました。
折りたたみの構造が3Dの動きをするので、いろいろと面倒なことが満載で・・・(T_T
しかも次から次へと欲が出てきてしまうという罠…

というよりあれこれ考えるのが楽しすぎて
作り出すまでに無駄に時間かかったのがホントの理由です(笑

ついでに、自作の練習も兼ねて(というか楽しみ目的)で
必須ではない構造をあれこれ考えてました(^^
まぁ、自己満街道まっしぐらです。

で、今回のテーマは下記の3点。

1.とにかくコンパクトに
2.本物の重量&金額を超えない
3.簡単に手に入る材料でつくる





【材料準備編】

いつものSPF材で制作する予定でしたが、ホームセンターで必要部材全部まとめて持ってみたら…

 重いっ!!!

以前作ったローテーブルよりはるかに重い… アレは5kgだったのですが
これは8kgはあるんじゃないかな… とにかく重い。

ということで、新たな材料を探すと…
桐の板を発見。SPFに比べ驚くほど軽い!桐ってこんなに軽いって始めて知りました。
しかも意外と安い。全部で4000円位だし厚みも16mmとSPFよりも3mm薄い。
これで作れば収納時の厚さを18mmも減らせる!

ただ、柔らかいのが難点です(^^ 天板がゆがむと悲惨なのでゆがみが少ない集合材にしましたが、
どうやら湿気に弱いらしい。組み合わせている木によって膨張率が微妙に異なるため水分含むと
割れることがあるらしい。

ま、気にしないwww 割れたらその部分は薪にして取り替えればいいので

よし、これに決めた!!
iphone_20111111092328.png
Photo:このサイズでもサラッともてるくらい軽い(^^

この2枚の板から必要な部品を切り出します。

PA230674.jpg
Photo:ホームセンターできってきました。細かい所はノコギリで切ります。

製作中に気づいたのですが、集合材は細く切り出したりすると
継ぎ目の部分がとてももろいです。細かいもの作るのにはむかないですねww

そのほか、蝶番や必要なサイズのビス、塗装用のニス・はけなどを購入。
全部で6000円ほどの投資ですwww

【天板制作編】

折りたたみで一番問題となるのが天板の形状です。
真ん中に穴が開いているので、コンパクトに折りたたむには工夫必要です。
iroriSAMPLE.jpg

たぶんこの構造が最もコンパクトかなと。
展開させるときもワンアクションで済むので一石二鳥です

テーブルの寸法は私が持っているコールマンのファイヤースタンドに合わせました。
テーブル幅は20mmです。

ちなみに2~3cmの調整なら接合部の長さを変えれば可能です。
それ以上にサイズアップする場合は板を長くするだけです。
ユニフレームやスノーピーク製(L)ならもっと大きい方が使いやすいと思いました。

ここで新兵器登場!ソーガイドです!

PA230677.jpg

私はノコギリが下手なのでこういうのがないとまともに切れません(笑
ちゃんと使うにはコツがいりますが、自作派には心強い味方です。
ソーガイドのレポはまた別の機会に…

800×200に切り出した板4枚をこんな形に加工します。

PA230678.jpgPA240680.jpg
PA240681.jpg

並べるとこんかかんじです。

PA290785.jpg

うち2枚は、あとで半分に切り分けます。

これを蝶番で繋いで完了!のはずが、ここで早くも超難関にぶつかりました…
蝶番をつかって繋ぐ予定でしたが、実際やってみるとかなり困難(涙

PA240682.jpg

展開したときに水平にするには蝶番を完全直角&ミリ以下の制度で
加工・取り付けできないとダメみたいです・・・
機械みたいな加工はできないよ(涙
ちょっとのズレでも、たたんだ時に端の800mm先は相当ずれてます。

これではまともに畳めないぞ!どうする俺!

でもこの天板の構造を、なんとしてでも実現しないと先がありません(涙

ここで一旦中断です(涙

2~3日あれこれ考えて、私にも実現可能は方法を見つけました(~~

スポーツバックの肩ひもに使われるようなベルトです。
ハンモックの材料見に行ったときに何気に見てたのを思い出しました。
PB080967.jpg
ハサミで切ったところは、ほつれ止めにライターで軽くあぶっておきました。

これを蝶番のかわりにします。布なので多少ずれても問題ありません。
金属と違ってふにゃふにゃなのでwww

蝶番用に入れていた溝は不要になったので、のこぎりで5mm切り落としました。
予定の寸法より1cm小さくなってしまいましたが、この位は気にしない

↓こんな感じで、蝶番の代わりの部品をつくりました。
PA290786.jpgPA290788.jpg
アルミ製の細い板を、切ってドリルで穴あけ×8本
ボール盤があればもっと正確に穴あけできるのですが、持ってないので
ドリルでちまちまあけました。
一応センタを打ちましたが、穴の位置は結構ズレズレですwww

PA290789.jpgPA290791.jpg
PA290792.jpgPB020798.jpg

仮止め用に両面テープで固定して、天板をつなげます。
アルミ板の間隔は余った材料で何度かテストしました。8ミリあたりが丁度いいみたいでした。

この部品を使って、4枚の天板をくっつけて完了!
蝶番のときと違って、とりつけ位置に神経質にならずにすむので
意外とあっさり完了しました。

この通り、ちゃんとイメージしたとおりに開いてくれました!!

PB020799.jpgPB020800.jpg
PB020801.jpgPB020802.jpg

PB020803.jpgPB020804.jpg
ベルトの厚み分をかんがえて天板上面から2ミリ下にアルミ板をつけてます。
でも結構ずれてます…(^^; それでもちゃんと水平な天板に展開できます。

裏面はこんなかんじです。↓
PB020805.jpg


あぁ~、ついに難関突破!

相当ホッとしました(笑



【脚部制作編】

天板の構造をちゃんと支えることのできる脚で、しかも折りたたみってのが結構難しい(*_*

天板を正確に蝶番で繋げられれば、展開時天板オンリーでかなりしっかりしたものになるはずでしたが
布のベルトをつかって稼動部の余裕をかなり大きくしたため当初より安定度の高い脚が必要になってしまいました。新たに材料を買うのもなんか悔しいしめんどくさいので、初期の脚への+αで何とかします。

とりあえず、+αは置いといて当初の設計のまま作ります。

PB020806.jpgPB020807.jpg

(左)必要なパーツをのこぎりで切り出しました。
ソーガイドが大活躍してくれました!
(右)両脇のパーツと、下の長い棒をくっつけます。ビスが打ちにくかったので、がっちり固定します。

PB020808.jpgPB030809.jpg

持ち運び時に荷重がかかるので、長めのビス3本でガッチリ固定します。
しくじったとき&改良時に外せるように、ボンド付けはしていません。

PB030810.jpgPB030812.jpgPB030814.jpg

稼動部の隙間を大きくとりすぎたので、こうやってごまかします(笑
透明の丸は壊れたタッパー、黒い丸はコースターです(^^;
回転するところなので、これはあったほうがいいんだ!って
言い訳しながらの作業です

PB030811.jpgPB050816.jpg

PB050818.jpg

最後に分割天板を支えるためのパーツを、両方の脚から切り取ります。

PB050819.jpgPB050820.jpg

よし!これで脚の組み立てはほぼ完了!

その場その場で各所の寸法を決めながらの作業だったので
かなり時間かかりました(涙
図面準備しとけばラクだったかな…
これは、備忘録としてちゃんとした寸法を出しとかなきゃな~


【天板と脚の組付け、他】

まずは、天板と脚を繋ぐ蝶番の加工
附属のビスは小さすぎるので、もっと太いビスを打つために穴を広げます。

PB050822.jpgPB050823.jpg

取り付けてみたものの… ちょっと小さすぎたか!?
貧弱すぎるので、余ってた蝶番でサイズアップ。
数が足りないのでとりあえず1箇所ずつ(^^;
会社の近くのリサイクルショップで、新品が1個50円で山ほど売ってたのでそのうち追加購入だな。

PB050824.jpgPB050825.jpg
PB050826.jpg

天板の中心に合わせて、取り付け完了!

次に、天板を支えるパーツを取り付けます。
さっき切りとった台形のパーツです。

PB050827.jpgPB050830.jpg
PB050828.jpgPB050829.jpg

結構せっかちな性格なので、速乾タイプのボンド使いました。
初めて使いましたがびっくりする位乾くのが早いです。
一服して戻ってきたら、くっついてた!

PB070966.jpg

こんなふうに、天板の分割箇所を支えます。
なくてもいいような気がしましたが、蝶番に打ったビスが短く、板も柔らかいので念のためです。
ちなみに、台形のパーツが付いている棒状のパーツはもともと展開後に両脚同士を固定するためのものです。


結構な隙間が出てしまったので、どうやら金具が効きません…
材料切り出したときにの端材をつかって間を埋めました。
PB050833.jpg
PB050832.jpg
PB050836.jpg
よっしゃ!ばっちりじゃないですか!!
ってテンションあがったのは、ほんの一瞬… ここであることに気づく。
この金具つけた場所って脚の底になる場所では・・・?
このままでは使えないので、あえなくはずして別の場所にしなきゃ~

一番目立つ場所に、いらない穴を開けちゃいました(涙

これもその内、何とかします…(涙


【とりあえず完成… なのか?】

まあ、完成はしていないけど、役割を果たせる所までは出来た。
とりあえずは使えるので、この状態で明日のキャンプに試験投入してみます!!

明日実際使ってみてから、天板の安定度UP、塗装、分割した天板を支える棒を止める金具等等
未完の部分を片付けることにしよ(^^

という、問題の先延ばしというか、いいわけっていうか…

PB070960.jpg
PB050831.jpg
PB050835.jpg

脚の構造↓

PB070961.jpgPB070963.jpg
PB070965.jpgPB070964.jpg


製作中は夢中になるあまり、写真のとり忘れが激しいです。
細かい箇所のいろんな事が、すでにあやふやになりつつあるので
完成したら備忘録代わりにちゃんとした製作記としてまとめることにします。
今回の製作中に気になってきた点を修正した2号機製作も視野に入れて(^^v


とりあえず、キャンプ投入が楽しみでなりません(笑 






 にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリックしていただけると励みになります!

関連記事
スポンサーサイト

SHARE

15 Comments

じじ1202 says...""
★Saitaさん
おはようございます

すっ すごすぎる
これ売れますよ
完成度高すぎます
さすが師匠です

折りたたみの構造がすごく複雑に出来ていて
これを考えられたってのがすごいです

私にはまね出来ないです(笑)

ちょっとまたSaitaさんのこの記事を熟読して
私の頭の中で理解して行きたいと思います

いつもいつもすごく勉強になります
ありがとうございます

2011.11.13 08:28 | URL | #- [edit]
よっぴ~ says...""
すっっごい!!なんじゃこりゃ\(◎o◎)/!
こんな囲炉裏テーブル見たことない!

あっすいません、はじめましてよっぴ~といいます。
じじさんがお気に入りのSaitaさんがスゴイ物を作っていると
教えてもらったので覗きに来ました(^。^;)。

いま若干お酒を飲んでまして一度読んだだけじゃよく分からなかったので
明日もう一度読んでみます。
シラフでもたぶん理解できないかもしれませんけど(^。^;)

また遊びに来ますね♪
2011.11.13 21:52 | URL | #UXr/yv2Y [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
★じじさん

こんにちは~
こちらこそありがとうございます。
じじさんが先発して作られていなかったら、作ってなかったです(^^
自作っていう発想がまったくなかったので…

とりあえず何とか形になりました(^^;

まだアップしてないのですが、キャンプで実際使ってみて今の脚の構造では天板を
安定して支えられないことが分かったので、近く脚のみ作り変えるつもりです(涙

あとは、じじさんの折りたたみチェアがあれば焚き火系は完璧だ(笑

材料費調達がんばります(笑

私の方こそじじさんのブログをかなり参考にさせていただいておりますので
今後とも宜しくお願いします!m(_ _)m

> ★Saitaさん
> おはようございます
>
> すっ すごすぎる
> これ売れますよ
> 完成度高すぎます
> さすが師匠です
>
> 折りたたみの構造がすごく複雑に出来ていて
> これを考えられたってのがすごいです
>
> 私にはまね出来ないです(笑)
>
> ちょっとまたSaitaさんのこの記事を熟読して
> 私の頭の中で理解して行きたいと思います
>
> いつもいつもすごく勉強になります
> ありがとうございます
2011.11.14 12:52 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
★よっぴ~さん

はじめまして!訪問ありがとうございます!!
じじさんの囲炉裏テーブルのデザインと同じくしたかったのですが
車に乗らないかも… だったので、小さくしようと
図面いじくりまわしてたらこんなんになっちゃいました…

現物で動作見るとあまり複雑でもないのですが、
写真だと制止しているのでちょっと分かりにくいのかもしれません(涙
※文章力のなさと、写真の撮り忘れが一番の原因かもですが… ご勘弁を(T_T)

色んな外遊びネタをがんばってUPしますので、ぜひまた遊びにいらしてください!

PS
よっぴ~さんのブログをお気に入りに入れさせてくださいm(_ _)m



> すっっごい!!なんじゃこりゃ\(◎o◎)/!
> こんな囲炉裏テーブル見たことない!
>
> あっすいません、はじめましてよっぴ~といいます。
> じじさんがお気に入りのSaitaさんがスゴイ物を作っていると
> 教えてもらったので覗きに来ました(^。^;)。
>
> いま若干お酒を飲んでまして一度読んだだけじゃよく分からなかったので
> 明日もう一度読んでみます。
> シラフでもたぶん理解できないかもしれませんけど(^。^;)
>
> また遊びに来ますね♪
2011.11.14 13:00 | URL | #- [edit]
あゆみぱんだ says...""
Saitaさん、こんばんは!
囲炉裏を折りたたむっていう発想がまずすごい。
そしてそれを作ってしまうのがまたすごい。
囲炉裏キャンプレポが楽しみです ^o^
2011.11.14 21:08 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
★あゆみぱんださん

おはようございます!

実は、発送の元ネタは私のお気に入りにもいれている「キャンプを始めることにした」のじじさんの作品なのです(^^

なんか、小さくしようとしてあれこれ考えてたら
こんなふうになっちゃいました(^^

> Saitaさん、こんばんは!
> 囲炉裏を折りたたむっていう発想がまずすごい。
> そしてそれを作ってしまうのがまたすごい。
> 囲炉裏キャンプレポが楽しみです ^o^

りょーかいです!
2011.11.15 06:18 | URL | #- [edit]
ユイマーる says...""
はじめまして~、ジジさんに教えてもらって来ました~。

それにしても、このギミックは凄いですね~、ホント。

こういう方法は全然考えつかなったです。

自作テーブルとか見てると、その人の個性が出ますね~。

実は、私もじじさんの天板の組み方のが気にって自作してみました。

私はSPF材を使ったので、メチャ重くなりましたが・・・(^-^;

うちの囲炉裏テーブルのコンセプトは、収納性&コスト(こっちが重要)ですww

そのうちUPする予定ですので、一度見てみて下さいまし。

今度は、テーブルを作るつもりです~。
2011.11.15 18:40 | URL | #MyJ0QW/M [edit]
Saita says..."Re: タイトルなし"
★ユイマーるさん

はじめまして!ご覧いただきありがとうございます。

じじさんからのご紹介でしたか(^^
このテーブルの元ネタはじじさんのテーブルなんです。
あの天板の組み方で折りたたみを実現させたかったのですが
わたしの頭では無理でした(涙

ユイマーるさんの自作アイテムのUPがすごく楽しみです(^^
ぜひ参考にさせてくださいm(_ _)m

またいらしてください!
わたしもちょくちょく伺います(^^


> はじめまして~、ジジさんに教えてもらって来ました~。
>
> それにしても、このギミックは凄いですね~、ホント。
>
> こういう方法は全然考えつかなったです。
>
> 自作テーブルとか見てると、その人の個性が出ますね~。
>
> 実は、私もじじさんの天板の組み方のが気にって自作してみました。
>
> 私はSPF材を使ったので、メチャ重くなりましたが・・・(^-^;
>
> うちの囲炉裏テーブルのコンセプトは、収納性&コスト(こっちが重要)ですww
>
> そのうちUPする予定ですので、一度見てみて下さいまし。
>
> 今度は、テーブルを作るつもりです~。
2011.11.15 23:10 | URL | #- [edit]
emo☆chan says..."超~かっこいい!!!です。。"
こんにちは、
囲炉裏テーブルを手作りで作ってしまうなんて!ハンモックといい、前回のテーブルと言い。
尊敬しますっっっ!<(_ _)>

木の囲炉裏テーブルって暖か味があってすてきです。
Saitaさんみたいな方が、真のアウトドア好きというのでしょうね(*^_^*)

わが家にはとても真似できないので
Saitaさんのキャンプレポで この素敵な囲炉裏テーブルの完成形を見せてもらう事に
します。。。
2011.11.19 14:24 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: 超~かっこいい!!!です。。"
★emo☆chan

ありがとうございます!

ただ「本物買うお金がない⇒仕方なく自作」
って言う展開が多いので、
どちらかというと、「真のビンボーキャンパー」な気も…(苦笑

時間がなかなか取れなくて、まだ完成に至ってませんが
シーズンもオフな気配なので、のんびり仕上げていこうと思ってます。

完成したらアップしますので是非見てやってください m(_ _)m

2011.11.21 12:57 | URL | #- [edit]
つぼ says..."はじめまして"
はじめまして。

焚き火台、トライポッドの製作を終えて囲炉裏テーブルを作ろうと思い画像検索していた時に発見!

素晴らしいです。
見事としか言いようのない出来栄え!
了承を得ることなく、真似させてもらいました。
申し訳ありません。

2015.03.24 13:06 | URL | #- [edit]
Saita says..."Re: はじめまして"
つぼさん、はじめまして!

せっかく見に来てくださったのに、全く更新してなくてすみません!

真似っこ、全く問題なしです。
私が作ったつたない自作品で良ければじゃんじゃん使ってください。

つぼさんがつくった囲炉裏テーブルも見てみたいです(^^
2015.03.24 13:15 | URL | #- [edit]
つぼ says..."ありがとうございます"
突然のメッセージに丁寧な返信ありがとうございます。。

本当に素晴らしい作品だと思いますよ。
とても参考(完全なパクリ…)になりました。
恥ずかしながら、写真を添付しようと思いましたが、できなかった…ので

暇な時にでもFBでも見に来てくださいな。
坪内一晃ででてきます。
トップ画はヘルメットを被った子供が目印です。
2015.03.24 17:15 | URL | #- [edit]
「CAMP HACK」編集部 says..."写真転載について"
キャンプWEBマガジン「CAMP HACK」編集部の松田と申します。

「囲炉裏テーブルの自作」特集記事にこちらのページのお写真をいくつか使用させていただきたいのですが、いかがでしょうか?

大変お手数で恐縮ではございますが、19日(木)までに下記アドレスかコメント返信でご連絡いただければ幸いです。

ご連絡ない場合は画像の使用はいたしません。

それではご連絡お待ちしております。
2017.01.17 19:34 | URL | #ncVW9ZjY [edit]
Saita says..."Re: 写真転載について"
> キャンプWEBマガジン「CAMP HACK」編集部の松田と申します。
>
> 「囲炉裏テーブルの自作」特集記事にこちらのページのお写真をいくつか使用させていただきたいのですが、いかがでしょうか?
>
> 大変お手数で恐縮ではございますが、19日(木)までに下記アドレスかコメント返信でご連絡いただければ幸いです。
>
> ご連絡ない場合は画像の使用はいたしません。
>
> それではご連絡お待ちしております。


CAMP HACK編集部 松田様

はじめまして。

随分前の記事であるにも関わらず、ご覧いただきありがとうございます。
写真は使っていただいて構いません。ブログ名やURLの記載が可能であればぜひお願いします。

ちなみに特集記事が公開される日はいつですか?
2017.01.18 15:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wildlodge.blog.fc2.com/tb.php/71-bad78381
該当の記事は見つかりませんでした。